« ライオンズ・クラシック vol3. (7/6 vs東北楽天戦) | トップページ | おかわり君(中村剛也)の底力 »

2008年7月 8日 (火)

東長崎駅が様変わり (2面4線退避駅化)

東長崎というと、島式ホーム1面2線に上下本線が着発し、下り線横に側線が配置されていた昔ながらの駅という印象が有る。

仕事上、稀に車で駅界隈を通るにも、狭くて厄介な江古田駅周辺より、さらに狭い生活道路の入り乱れで非常に通りにくい記憶しか無い。

その東長崎駅が大規模な改良工事を受け、駅舎橋上化&ホーム2面4線化による退避駅へと大変貌。

近々始まる江古田駅改良工事。先のダイヤ改正で、江古田から一駅池袋方の東長崎に退避駅が移動した事に伴う駅改良工事。

先日、近くを通ったついでに、少しばかり駅外から状況を見て来た。

 

↓ 練馬方踏切から池袋方面

800 ●近代的なイメージに

↓ 池袋方踏切から練馬方面

800_2 ●かの古臭さは何処へ?

追越し・退避シーンも見てみた。

800_3 ●池袋方から上り退避800_4 ●練馬方から下り退避800_5 ●練馬方から上り退避800_6

●上り本線停車中の3000系と、下り側線に入る2000系

あまりにも昔のイメージが払拭され、江古田とは違い静かな退避駅といった趣き。

駅舎も一新して南口・北口ともに立派になったが、駅前道路の狭さは相変わらず…

800_7 ●祝賀式典を行うようです

それにしても、20~30分の短時間滞在とはいえ、来る車両は「黄色」のみ。

6000・20000・30000各形式は姿を見せず、特に6000系は今回、地下鉄直通に根こそぎ持って行かれ、中々この界隈で日中に姿を見るのは難しくなった感が有る。

時代に逆行したような、一昔前の新101系・301系・3000系(3ドア8両・10両)による優等運用の大幅増加には驚きが。

 

|

« ライオンズ・クラシック vol3. (7/6 vs東北楽天戦) | トップページ | おかわり君(中村剛也)の底力 »

□ -西武鉄道 全ての記事-」カテゴリの記事

□ 西武 101系(新)・301系」カテゴリの記事

□ 西武2000系 ・ 新2000系」カテゴリの記事

□ 西武3000系」カテゴリの記事

□ 西武鉄道その他の話題」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと様変わりしたんですね。自分の知っている東長崎とは別物の印象です。

投稿: 元北多磨近隣 | 2008年7月10日 (木) 00時49分

東長崎はだいぶ変わっちゃいましたね。地味な駅だったのは私も同じ印象です。椎名町も工事が盛んで、残る江古田が改良されると池袋線も様変わりするんでしょう。

投稿: ネリマン | 2008年7月 8日 (火) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515364/41769625

この記事へのトラックバック一覧です: 東長崎駅が様変わり (2面4線退避駅化):

« ライオンズ・クラシック vol3. (7/6 vs東北楽天戦) | トップページ | おかわり君(中村剛也)の底力 »