« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の16件の記事

2008年8月31日 (日)

西武 南入曽車両基地「電車夏まつり」

8月30日(土)、新宿線の主管基地・南入曽の一般公開「電車夏まつり」が有り、午前中に小一時間ほど立ち寄り。私は新宿線系統の一般公開参加は初めて。

一般公開といっても趣味人向け撮影会ではないから、時期からしても「お子さんの夏休み最後の思い出にどうぞ」といったところ。

訪問した11時前後は時折晴れ間も有り暑かったが、午後からは天候不安定になり、土砂降りや曇りの繰り返しだった模様。訪問した11時頃は展示位置が逆光に近く、曇るのを待ちながら撮影を繰り返したので、無駄に滞在時間が長くなってしまった。

時間の経過と共に、展示車の行先・種別表示の変更や、展示車種の変更等が実施されたが、以下の画像は全て11~12時頃の会場内の様子。

01 02 03_4 04_101 05_e31 06_e31nra2000 07_3 08 09_8 10 11_e31 12 13_101e312 14_aexuqv 15_38103

メイン展示車は、スマイルトレイン30000系とE31型電機になるのか?

スマイルトレインは、新宿線38101F・38102Fと池袋線38103Fの3編成全てが展示・臨時観客輸送(新所沢-基地)に就いており、いずれも西武恒例のヨドバシカメラ広告の電車イラスト風マークを付けていました。

撮影側からすれば、タイガーロープの位置と車両の位置が近すぎて並びを撮るのに苦労。さらに晴れた際の光線状態を考えると難しい面も有りましたが、主客の家族連れの方々は思い思いにお子さんと写真を撮っており、親子共々満足したと思う。

昨年の公開では旧101系が展示されていたが、今年はスマイルだらけ。

この1年間の西武車両変遷が分かるような。

  

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2008年8月29日 (金)

あれ?「Lビジョン」が? サラ弁は即完売… (8/28 vs 東北楽天戦)

仕事の出先最終が東大和市、ドーム直近なので悪天候にもメゲず西武ドームへ。

東大和市からなので僅か20分で到着、しかし試合は既に6回裏攻撃中(-。-;) 

豪雨と落雷で瞬間停電が有り、西武球場前駅の自動改札が根こそぎエラー。ランプが派手にチカチカと点滅していて「?」でした。

ドームに入り外周を歩きながらLビジョンでスコアボードを見ると「あれ?」何か変。

Photo ●西口好投、7回途中で星野へ7 ●到着してすぐにラッキー7(^^;;

↑のLビジョンを見て何かいつもと違う、と分かる方も多いかと。ラッキー7の場合、↓のようなフルサイズ表示で迫力が有ったのだが。

7_2 ●従来のラッキー7フルサイズ7_3 ●8/28のラッキー7。あれれ、、、

先週21日にも観戦に来ており、この時は従来通りの表示。28日見たところでは、ラッキー7に限らず、試合途中も左1/3近くが「真っ黒」。また、右側は常にスコアボードを表示。「Lビジョン」の迫力がかなり台無しに感じてしまうが、どんな意図が有るのか? この表示スタイルだと、昨シーズンまでのミニビジョンのようで物足りない。

L ●なんだかなぁ、、、

7回からの観戦で、美味しい場面より緊張場面が多数。小野寺(またも)乱調や、守備面で気になる点が多々有ったが、8回裏GG佐藤のバックホーム返球は超ファインプレー。

そして打席に立つGGを見ていると、北京祭りより遥かに活き活きとして見えた。

Gg ●おかえり(^^)

試合は楽天の追撃を辛くも逃げ切り、L5-E4で勝利、優勝マジックは22に。

Photo_2 ●グラマン、ラスト山崎をピシャリPhoto_3 ●やはりLビジョンが、、、Photo_4 ●あ~終わった終わったv(^ ^)v2 ●ヒーローは西口とボカチカ

そして試合終了後、超久々の「サラリーマンナイト」♪

Led ●サラナイ、定着してきたなぁ~

予告されていた「サラ弁」、試合終了後に発売と書かれており、サラリーマンナイトが始まる前の僅かな時間に買いに行ったにもかかわらず、早くも「売り切れ」(ToT)

あまりにも瞬殺完売とあり、「次回は多くご用意します!」と販売者の弁。

しかし「Lビジョン」、どうして「Sビジョン」になってしまったのだろうか?

不具合? エコ? 見易さ? 不評? 真相はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

【野球臨】 「ひばりヶ丘」行きの今後は。。。

西武ドームで野球観戦帰りのある日、初めて「ひばりヶ丘」行き野球臨を見る機会が有りました。
一度は見たいと思いつつも、時間の都合で30年近く未見の「ひばりヶ丘」行きでしたが、平日ナイター帰りに時間が割と噛み合ったので、少し粘って撮影。

800

●ひらがな行先は違和感有り

500_3000
●この日は3000系

800_2
●球場→清瀬行も珍しい?

800_3
●しかし寂しいホーム(^^;;

800_20000
●ついでに球場発清瀬行き。

この「ひばりヶ丘」行き、隣駅の保谷駅隣接電留線(保谷の車庫)に取り込む為に運転されており、ひばりヶ丘到着後は保谷まで回送して側線入線、方転して電留線に取り込み。

しかし、先日のプレスで保谷駅を島式1面2線から2面3線中線付きに改造すると発表した事から、今後は保谷まで営業運転~中線入線の可能性が有り、「ひばりヶ丘」行きは「保谷」行きに変更される可能性が有る。

野球臨創設初期からの珍列車でしたが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

【西武 30000系】 スマトレ38101F 「LEDがオレンジ一色」だった池袋線試運転

スマイルトレイン30000系は1月下旬から3編成が相次いで落成、4・5月の営業運転開始まで、2月下旬から本格的に池袋線・新宿線で試運転が行われた。↓の画像は試運転開始早々の2月に撮影。
池袋線試運転のみ2回撮影に行ったが、この時のフルカラーLED表示は「試運転」オレンジ一色。一世代前の3色LED表記車(20000系など)をイメージさせ、フルカラーながらイマイチの感が有ったが、その頃は試運転表示=オレンジ色、と思った次第。
ところが、試運転も末期に見掛けた際は白色表示。オレンジ表示は38101Fだけの仕様なのか、それとも色は自由に組めるのか? ともあれオレンジは割と貴重かも。
381011_2

●LEDオレンジ、って判別不能

381012
●面が陰って多少見やすい?

38101
●新宿線所属車がポイント?

38101_2
●これならオレンジが分かるかと

そういえばグッドデザイン賞にノミネートされましたね。案外、受賞しそうな気が…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

《グランドフィナーレ式典》 【ライオンズ・クラシック vol 6】(8/21 vs ソフトバンク戦)

6月28日から、パ全球団相手に西武ドーム12試合で行った「ライオンズ・クラシック」

Blog_08082008821 ●先日のトップ画像

これまで、右カテゴリの「ライオンズ・クラシック」にあるように、私も何度か観戦して来たが、いよいよ8月21日のソフトバンク戦がクラシック最終戦。

「伝説と栄光が、いま時を越えて甦る」をフレーズに、元西鉄ライオンズの豊田泰光氏をエグゼクティブプロデューサーとして迎え、往時の再現と表敬の意で、西鉄ユニフォームを纏った選手達が2ヶ月間プレーして来た。そして最終日の21日、試合前後に西鉄OBを迎えて数種の「グランドフィナーレ」イベントを実施。

クリックすると拡大しますが、相変わらず画像点数が多いです(^^;;;

なお、当日行われたイベントは下記の通り。

(試合前)
・西鉄ライオンズOBと埼玉西武ライオンズ現役選手の写真撮影
・「ライオンズクラシック」ダイジェスト放映
・当時のウグイス嬢、今泉京子氏による「流線型打線」呼出し
・ライオンズクラシック第5章オープニングVTR放映
・OB紹介とOB全員による始球式

(試合終了後)
・西鉄ライオンズ球団旗を掲げてOB写真撮影
・OBに捧げるフィナーレVTR
・エグゼクティブプロデューサー豊田泰光氏の挨拶
・OBがビクトリーロードから退場

0

Lビジョンに西鉄OB選手を連ね、今泉京子さんによる「流線型打線」呼び出し。

01

試合前、往時のVTRをLビジョンで上映。レオ・ライナが兄弟愛?で見入る。

021

最終戦始球式には、元西鉄ライオンズOBがズラリ横一線に。

032

OB全員の始球式、受けるは現役ライオンズ選手。

043

ライオンズ選手の、世代を超えたコラボレーションが実現。

05hr

試合は、約3年4ヶ月ぶり先発となった岡本篤。が…初回から3失点…。しかしその裏、ブラゼルの2ランでH3-L2の追い上げムード。

06_775

7回までにH7-L5。終始追い掛ける展開でライオンズは投手駒不足が露呈(ToT)

07

レオ・ライナの「クラシック」ユニも見慣れてきたが、この日で見納め~

08

Lビジョンでは、試合終了後のグランドフィナーレファイナルを案内。

09

試合には触れません、はい…。そしてグランドフィナーレ開始。

10

西鉄ライオンズOBの皆様方が、バックスクリーンを背に記念撮影。

11

そして、栄光の西鉄ライオンズVTRをLビジョンにて放映。OBの皆様もご鑑賞。

20_2

渡辺監督からのメッセージを最後に。

12

豊田泰光氏による、ライオンズクラシック開催への熱い思いと球団への御礼挨拶。

13

渡辺久信現監督からもOBの皆様方へ、敬意を表して御礼とご挨拶。

14

その後、監督がベンチにいる全選手をグラウンドへ呼び出す。

15

ベンチから出てきた現役ライオンズナイン。

16

選手が全OB選手にご挨拶。

17

ボックスシート背後の横長スイング式ビジョン。

18

そして全選手退場。

19

豊田泰光氏、ホームベースを踏みしめながらファンへ感謝の笑顔と共に退場。

21

ライオンズ・クラシック、世代を超えた素晴らしい企画でした。

 

当日、西武ドーム1塁側ゲート横には、「平和台球場」で使われていた「石」が、ガードマン監視の下、展示されていました。

220 23

 

私はライオンズが所沢にやって来た小学校低学年の時からファンになったので、西鉄時代と言われても初めはピンと来なかったクラシック。しかし、何度か観戦し、いざ終わってしまうと寂しい気がする。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

1989年 西武「電車1000両突破記念」切符に見る西武内の車両シェア

西武鉄道HPを見ると、2008年4月現在、保有車両は1300両程度との事。

このあたり私は詳しくないので、へぇ~結構多いな、と。

保有車両の何かの記念切符を持ってたよな、と、無造作にしまってある過去の西武記念切符を探すと、「電車1000両突破記念」なる3枚組の記念きっぷが出てきた。

600_1000

600_1000_2

発行は1989年(平成元年)3月23日、赤電の最終期&西武イエロー増殖全盛期。新2000系と4000系がデビュー間もない時期で、2~3枚目が「最新車」の写真。恐らく、この多摩湖線用赤電351系が引退(1990年)した際、西武鉄道は冷房化率100%になったか?

1989年に1000両突破、後の有楽町線直通開始に伴う6000系増備で大幅増~現在の1300両に繋がるわけで、この間、10000系NRA・20000系・6000系・9000系・30000系が登場、必ずしも「西武 = イエロー」と言えなくなった。

気になったので最新の車両シェアを西武HPで調べると、最大シェアが2000系列で約1/3、9000系の顔と含めると約40%。次が6000系で約20%。次は?と調べたら、意外にも101・301系列で約11%、20000系がタッチの差。

今後は、当然30000系が増殖してシェア10%超え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

☆ 西武ドームへ車で行く際の渋滞回避テク?&「電車でECO」なブラゼルの電車通勤

私は西武ドームに車で行く際、所沢インターからR463もしくは、東所沢駅前~所沢陸橋脇を通るルートで、その後は(1)西所沢駅経由(2)緑町3(ブックオフ左折)経由(3)小手指陸橋経由のいずれかを使う。
往路はともかく、帰路は試合終了後の大渋滞が必ず発生。土日は悲惨の一言。

これを嫌い、西所沢ないし所沢駅界隈のコインパークに停め、所沢(西所沢)~西武球場前のみ電車利用をする事が多い。なんせ西武ドームは駅前、しかも野球臨増発でバンバン電車が出るから、ピーク時なら時短効果は30~40分以上か?

西武ドーム駐車場は1,100円。試合開始前でも旧ユネスコ村裏のD駐車場(ドームから遠い)しか空きが無いケースが大半。また、近隣民間駐車場は更に安いが、平日と休日、CS、オールスターなどで駐車料金が変わる時価。ドームからも徒歩10分近くかかる。

西所沢や所沢界隈の駅近辺コインパークは1,000円打ち止めが多く、電車賃往復340円を払うと+240円の足が出るが、私的に支払う価値は有り、場合によっては駐車料が4~500円程度で済むことも有って、結果、一番安上がりかつ迅速。(これは稀)

ところで、西武鉄道が実施している「電車で行こう!埼玉西武ライオンズ応援キャンペーン」に連動?し、実際に電車で毎回ドーム通勤をしているブラゼル選手を起用した「電車でECO」キャンペーン(というのか?)を実施中。CM動画まで用意する力の入れよう。駅ではスマイルトレインで微笑むブラゼルポスターが掲出されていますね。
800

●西武球場前にて

そんなブラゼルの電車通勤、私も5月22日のvsヤクルト戦帰りに見掛けました。
当日は試合終了後のグランドウォーク後に参加してから電車に乗ったので、ブラゼルが乗る電車は「試合終了後+50~60分」といったところかも。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

【平尾・ボカ】 8/16 「ミラクル」だったライオンズ観戦撮影 (8/16 vs オリックス戦 その①)

01_1000 ●試合終了後のグランドから撮影

昔からよく「ミラクルライオンズ」というフレーズを耳にする。松崎しげるが歌うライオンズ球団歌「地平を駆ける獅子を見た」の歌詞からもじられた程度と聞き流していたが、8月16日の対オリックス戦、あのドラマを見せられちゃ、このフレーズも強ち悪くない。

これまでにも9回裏二死から逆転サヨナラのドラマは何度も見ているが、昨日(8/16)の試合はいつにも増して素直に感動。仕事後に無理してドームに行った甲斐有り。

いつものようにデジカメ撮影の試合ハイライト。当然9回裏~が中心。画像多いっす。クリックすればいつものように別ウインドウで大サイズが開きます。

02_500 ●先発は帆足。安心♪

L4-Bs3の1点リードで迎えた7回表、帆足から正津に交代。嫌な予感はしていたが…

正津炎上とボカ・ブラ失策等が絡みBs一挙4点、L4-Bs7と逆転(ToT) ここで星野。

03_500 ●星野、ワンポイントでピシャリ!04_800_74_2 ●悪夢…

7回、8回と加点できず「負け」を確信した観客は一斉にドームから出て行く。当日、私らは人数がまとまったので車でドーム入り。帰路の渋滞を嫌い、私らも撤収予定だった。しかし私の中で「何かを」強く感じ、周囲を説得して試合終了まで観戦する事に。

迎えた9回裏、1死から片岡・栗山の連続ヒットで1死1・2塁。ここで3番ボカチカ。

05_500_9 ●9回裏1死1・2塁 ▲3点差

このボカチカ、次のブラゼルに全てが掛かっている、まさに正念場。そして…

06_800_hr ●4球目、その打った瞬間!!

何と完璧な弾丸ライナーの起死回生同点3ラン!! 07_800 ●予言士の如く「何かが」起きた♪08_800_10 ●試合は延長戦へ突入10_800_10 ●神様「ボカ」コールに応える09_800 ●グラマン登板、三者凡退ピシャリ!!11_600_10 ●10回裏1死から石井→代打・平尾

そして、初球をフルスイング!! 球はどんどん左翼席に伸びていき

代打サヨナラホームラン♪

12_800_3 13_800 14_800 15_800 16_800 ●平尾の笑顔が最高ですね~ 17_800 ●監督と歓喜のギューッ!18_500_2 ●片岡からレオ人形を託される星野 19_500 ●そして星野から平尾へ20_500 ●平尾、昨夜は大興奮だったとか  21_800 ●ヒーローインタビュー 22_800 ●応援団と一緒に「万歳♪」23_1000_l_2 ●ヴィクトリーロードで「万歳♪」

試合後、同行の友人らに感謝されメシをゴチになりました( ̄ー ̄)

次回、この16日ゲームもう一つの見せ場(第二弾)を公開。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1982年 「ライオンズ パ・リーグ優勝記念」きっぷに見る、西武球場前駅「6線満線」の今昔

最近、ライオンズ(野球)ブログ状態だが、今夜(8/17公開分)もライオンズの記事確定(8/16の劇的西武サヨナラ試合を特集予定)となったので、その前に私鉄ブログらしく?西武鉄道の1ショットでも。

6線とも満線の西武球場前駅ホーム、かれこれ20年くらい私は見ていなかった。

そんな中、7月21日平日ナイターダイヤの19時過ぎに目撃したので改札の外から1枚。「6線フル満線」状態は、今でも野球ダイヤで恐らく時折見られるものなんだろうが、少なくとも私がここ数年、西武球場前に降り立っている中では全く見ていなかった。

900_20080721 ●2008年 西武球場前駅

1番は線内ループに入っている新2000。2番が新宿線直通(西武新宿)、3・4番が池袋線直通、5番が新宿線直通(本川越)、6番が池袋行きドーム号で、いずれも折返し待ち留置中。野球臨往路輸送が一段落した19時頃ならではの大量留置。メトロ車やスマイル、6000等の他車種が入り込んで現代の6種フルコンプなら見応え有ったのですが。

この写真を撮ってフと思い出しのが、かなり昔の記念切符。確か、6線フルに並ぶ野球臨が写真になっていた記憶有り。探して見ると有った。

「西武ライオンズ 1982年パ・リーグ優勝記念」

800_1982 ●1982年の西武球場

400 ●上の記念切符外袋

西武ドームが西武球場だった頃の「青空野球」が清清しく、懐かしい。そしてホームにズラリと並ぶ当時の西武車(赤電や新101系の新車時代)がまた懐かしく、凄まじい眺め。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

☆北京でもキモティーっ!G.G.佐藤HRキターッ!

今日も西武(鉄道系)記事の予定が北京の話題に(^^;;; 最近、野球ブログ状態(^_^;)

今日(8/15)の日本vsオランダ、6-0で勝利♪ これで星野JAPAN 2勝1敗。日本を勝利に導いたSB杉内の好投や新井の2点タイムリー等も勿論素晴らしいが、昨日の記事文末にも書いた通り、ライオンズファンなら昨日の花形だった涌井・ナカジに次いで、是非ともGGの「GGらしい」活躍が見たいもの。

480_gg ●直後、GGと目が合い怖かった…

8回、やってくれましたね♪ ソロながらも、マッチョマンならではの豪快な一発!

決勝点でも無く、「キモティーっ!」が見られるわけでもないが、昨日の中島、今日のGGとも、ライオンズ選手が打点を上げるとすこぶる気持ちがいい(^-^) 今日も2回に中島が鮮やかなツーベースヒットを放ったし。でも、今日の「日本の」ライオンズはというと…

明日はローテからすれば帆足。相手はカモにしているオリックス。こりゃ、明日の20時頃はドーム内でWIN花火、ドーム外で西武園花火の競演で決まりだな。(台風かも。。。)

↓たまには西武鉄道の画像も(^^;;; ライオンズ関連記事なのでファン感謝の集い号。

800_200002006_3 ●2006年ファン感謝の集い号

 

  

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年8月15日 (金)

☆日本初勝利に貢献した涌井!ナカジ! チーム本塁打152本に貢献したサンペイに感動♪

今日は西武野球臨の記事をアップしようと思ったが、急遽野球ネタになりました(^^;;

それほど、国内外でのライオンズ選手活躍に感動してしまったわけで。

800 ●中島、値千金2点タイムリー!400 ●涌井、尻上りに台湾封じ!600_2 ●中村、遂に30号到達!

今年はお盆期間中も土日含めフル出勤ながら、夜になれば北京オリンピックの試合とライオンズの試合の綱渡りで変な忙しさと緊張感が入り乱れ(^◇^;) 毎日激しい寝不足(^_^;)

本日(8/14)、北京では2戦目台湾戦に涌井が先発登板し、6回を投げ切り1失点と素晴らしいピッチング。そして日本2-1台湾で迎えた9回、中島が貴重な2点タイムリーツーベースを放ち、ライオンズ選手2人が日本に初勝利を呼び込むワールドワイドの快挙!

一方のライオンズは杜の都仙台で楽天戦。13安打、うちホームランが昨日(8/13)同様に4本(中村30号、ボカチカ17号、細川11・12号)宙を舞い、L8-E2にて快勝。ついにチームのホームラン本数が150本を超えて152本に!!

ちなみに8/14時点でのホームラン本数。続くは巨人・オリックスの107本。少ない球団では、日ハム53本、阪神・ヤクルト55本、楽天56本。対する152本を放つライオンズの異常な一発攻勢爆発打線、留まる事を知らないから恐ろしい。

以前、単独記事にした中村剛也(おかわり君・サンペイ)。ここ1ヶ月の快調ぶりは尋常じゃない。今日(8/14)、30号ホームランを放ちセ・パ両リーグで日本人ホームラン本数トップに。7月の婚約発表以来、ホームランが見られない試合の方が少ないのでは?打率こそ低いが、一発の魅力とコミカルキャラで私は贔屓目。週末のオリックス戦(西武ドーム)のいずれかを観戦予定だが、またサンペイの屈託無い笑顔が見たいもの。

そして、オリンピックでライオンズ選手3人の更なる活躍を大いに期待!

800_gg ●頼むよ、GG!

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年8月13日 (水)

西武旧型電機E44とJR貨物EF651059・西武ドームポスター

E41~E71等の西武旧型電機は、1980年代後半まで本線上に生き長らえた事から、私が中高生の頃までは現役。しかし見事に写真は撮っていない。この頃の撮影は専ら国鉄・JR電機が中心、西武自体、ごく稀に撮る程度だった頃。勿体無いことを…(^_^;)

西武旧型電機の中で、国鉄から西武に譲渡されたE44は1987年に引退、1990年にJR貨物に譲渡され、1991年のJR貨物新鶴見機関区一般公開で展示された。

その時、JR貨物電機試験塗装のEF65 1059と並んで展示↓

800_e44ef651059 ●不思議なコラボだこと

EF65 1059、この試験塗装になって20年経った今でも微妙なマイチェン程度で活躍している貴重な存在。しかし当時は、やはり同区試験塗装だったEF65 1065の方に目が行っており、1059もロクすっぽ撮っていない…

ついでなので、今から20年前の1988年8月に撮影したEF65 1059を。

800_ef651059_2 ●この撮影地懐かしい~

いつの間にか、西武E44の記事がEF65 1059に化けた(^-^;

話変わって、8月13日から西武各駅で掲出開始のこのポスター。気に入りました~

Poster ●企画の意図に共感♪

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

【祝!4000勝!】五輪期間も魅せ場たっぷり、首位独走ライオンズ♪ 【ライオンズ・クラシック vol5.】 (8/10 vs日ハム戦)

8/11 ライオンズ、西鉄時代から通算4000勝を達成!

本日(8月11日)のvs日ハム戦2戦目、今日勝てば、西鉄クリッパース時代から通算4000勝となる記念すべき日。結果は見事、岸-グラマンの完封リレー&パ・リーグHRランキング単独トップの中村剛也@おかわり君が28号2ランを放ち、L3-F0で勝利。

悔しくも観戦に行く余裕は無く、朝8時前から22時まで会社でした…(ToT)

代わりに、昨日(8月10日)のvs日ハム戦初戦をガッツリ堪能したので、こちらを。

7月29日以来のホームゲーム。この間、オールスターを挟み、そして五輪召集の中島・GG佐藤・涌井は北京へ。オリンピック期間中のライオンズを不安視する声が囁かれていたが、4日のロッテ戦はL16-M2と、主砲2人不在でも怪力打線をアピ。

8月10日も、終わってみればL11-F2♪

400_2_2 ●黒瀬プロ初HR♪800_13 ●首位攻防勝利で5ゲーム差

16安打猛攻のうち、ホームランは栗山・黒瀬・中村・後藤の4本。

800_hr ●主砲2人不在でも国産4HR(^^;;

おかわり君@サンペイ中村はリーグトップの27号、しかも自身プロ初のグランドスラム!

さらに黒瀬はプロ初本塁打で単独お立ち台!帆足は隙の無いピッチングで10勝目!そして主将赤田の復活!他にも試合の魅せ場は多かったが、試合は投打共に完璧。ライオンズファンはスカッとした試合。

夏休みの子供達に夢を与え、盆休の狭間で一息つく野球好きな仕事人にはパーッとストレス解消になり、10日30,024人の観戦客を魅了したのは確か。

ちなみに11日も平日ナイターながら約2万人が入り、当日は西武ドーム2008年公式戦観客動員数100万人突破。昨年より16試合も早い達成、これは強い西武ライオンズが観客を魅了する表れであることは言うまでも無い。

さて、8/10の試合解説はライオンズホームページのテキスト速報を見て頂くとして、ここでは毎度のサクサク撮り画像の抜粋羅列で試合をレビュー。

400 ●着くと埼玉キャラのコバトンが…800_3 ●試合前の厳粛西鉄懐古タイム800_2 ●先発は安定感抜群の帆足600 ●5回、満塁HRでニヤける中村800_4 ●いやいやホント嬉しそうだわ800_5 ●自身初の満塁HRだったんだと800_hr70 ●5回猛攻で7-0に800_12 ●マカレナにもコバトン… 可愛くない…800_1 ●6回、俊足片岡が出塁。が…800_7 ●栗山ヒットで爆走したものの800_6_2 ●挟まれてタッチアウト(ToT)800_6 ●7回には後藤もソロHR~800_8 ●Mr.電車でECO、死球で不快顔800_9 ●そして8回、主将赤田復活♪600_2 ●最終オーダーは何でも有り状態800_1_2 ●勝利♪ あと1つで通算4000勝800_10 ●クラシックユニ慣れしてきたわ400_3 ●お立ち台は黒瀬が独り占め800_11 ●終了後、厳正な稲尾シアター600_3 ●当日プレGETしたグッズ3点

昨日(8/10)からの首位攻防戦、ライオンズ連勝で一気に突き放しにかかり、11日は2位日ハムが負け、3位ソフトバンクが勝った為、同率2位が2球団で、ライオンズとは6.0ゲーム差。もう一気にCSまで逃げ切り態勢だな。

北京オリンピック期間中も、チーム状態に何一つ不安は無いのは嬉しいですね。ライオンズは渡辺監督の経験上、二軍選手の育成が本当に上手。二軍から一軍に上がってきた選手は、後藤しかり、松坂しかり、黒瀬しかり、皆、すぐに即戦力としてブレイク。

昨日、今日は色々と話題性の高いゲームで満足♪

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

【西武池袋線 朝ラッシュ】 2008年6月14日改正前の「通勤時間帯」ウォッチング@所沢~秋津

メトロ副都心線開業に伴う6月14日のダイヤ改正で、これまでの運転系統が大幅に刷新された池袋線。

この改正を前に、種別標記色変更、行先のローマ字併記が行われ、短期間で大半が幕交換・LED書換えを終了。とにかくあっという間。

長い間、西武沿線を離れていますが、その昔、旧幕(特に種別幕)が登場した時代から見慣れた身としては無くなる前に少し撮っておきたい衝動が。しかし、土日では撮影不可能な「通勤準急」・「通勤急行」の特徴有る旧幕を押さえたく、5月中旬のとある平日朝、9時過ぎに清瀬で仕事がある日に照準を合わせ、所沢カーブに出動。
作画上、ストレート区間で正面のみ陽が当たるのは芳しくなく、編成特徴も分かりにくい。かといってストレートでサイドのみ陽が当たるのも、面が潰れすぎる強烈な光線の時期。これらを考慮&撮影効率を考え、まぁ条件を満たす所沢カーブに向かった次第。

以下、「所沢発時 7時16分から8時45分まで」の約90分間にやって来た、通勤時間帯の池袋線上り列車を来た順に画像羅列。なお、撮影場所は所沢発時+1分。改正前運用ゆえ、当然今では車種も行先も大幅変更、6000Y以外の旧幕車も皆無に近いかと。ちなみに撮影日は幕交換の過渡期で、新旧両方の幕が入り乱れ。

所沢基準ですら約3分間隔にて相次いで上って来る為、3分×30本=90分滞在となったが、練馬基準なら、清瀬・保谷・練馬高野台・豊島園始発も入り込む為、撮影には不向きな練馬も、ウォッチング派の方なら目まぐるしい忙しさになりそう(^_^;)

1200798_01
1200798_021200798_031200798_041200798_051200798_061200798_071200399_08

約20年前、中高通学時にひばりヶ丘~池袋を利用していたが、朝通勤時間帯に「快速急行」・「快速」は存在せず、また当時は「通勤快速」や「区間準急」も存在しなかった。有楽町線も未開通で全列車が池袋行きの時代。

当時、速達性の高い「急行」は、触れるとヤケドしそうな地獄絵図の混雑。ひばりで急行退避だった「準急」か、石神井公園通過(実質保谷・大泉のみ停車)の「通勤準急」を好んで利用していたが、今や両方とも練馬停車になったとは、何だかねぇ、、、

それにしても今の西武線、あの頃に比べ通勤時間帯の混雑率が雲泥の差ほど下がって空いている。学生当時は、毎日、今の時代に例えるなら「朝ラッシュピーク時の埼京線池袋-新宿間最後尾車両」同然だったから。いや、それ以上だったかも…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

違和感タップリな旧101系「赤電」 (リバイバル赤電)

1995年頃~2005年頃の約10年間は西武に見向きもしなかった頃。
この間で撮れずに悔しい思いをしたと感じるものが多数有るが、
それでもE851、5000系、701系の引退運転は撮りに行った。
さらに、ハードディスクの中から2001年9・10月にコンデジ(オリンパスC2100UZ)でチョイ撮りした赤電の画像が。

600_101 ●東伏見-武蔵関

500_101 ●秋津

赤電カラーの復活イベント運転か何かで、私は実家に行ったついでに撮っており、当時、オマケ程度の考えだったせいか一眼レフではなくコンデジ超適当撮影だったのが今更悔やまれ、面倒臭がって近場撮影したのもミエミエ。勿体無い(^-^;

このマスクの赤電、701系・801系なら幼少時に記憶が有るが、101系に無理矢理塗ってしまったので違和感が。まぁ、801系の赤電として見る分には良いのかも。

2001年といえば、JR・民鉄各社がリバイバル塗装を積極的に実施していた頃ですね。
600_101_2 ●井荻-上井草

いずれの画像も公開を恥じらう位、コンデジのいい加減な撮り方だよな…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

7/29 オールスター・北京五輪出場選手壮行会       ライオンズ・クラシック vol4. (vsオリックス戦)

7月29日(火)、18時からのvsオリックス戦終了後、オールスターゲーム出場選手と北京五輪代表選手(計7人)の壮行会が行われた。

800_l

●オールスター出場選手 6人 (片岡・中島・GG佐藤・中村・細川・帆足)

●北京五輪代表選手 3人 (中島・GG佐藤・涌井)

当日は仕事を早く切り上げても西武ドームには20時過ぎの到着。ドームは遠い…

試合観戦はラッキー7の攻撃から。もっとも試合終了後の壮行会目当てなので気にしないが。毎度ながら1塁側指定は満席、内野指定エリアまで拡大された自由席も検討したが、ドーム入りが遅かった為、写真を撮るのに適したポジションは厳しいと判断。思い切って3塁側指定にしたが、ライオンズの試合観戦で3塁側は2度目。平日ナイターで閑古鳥が鳴くビジター側は写真を撮るのに比較的自由なポジションが作りやすく、結果オーライ。

当日はライオンズクラシック日。6回、GGの逆転3ランで鮮やかな逆転勝利♪

800_2

すぐに壮行会の準備へ。

800 ●代表7人が準備中~

800_81543 ●北京3選手がユニフォームを披露

800_81453 ●ライオンズから3人選出は手柄♪

800_l_2

オールスターは初日にGGが不本意気味?なホームランダービー優勝を飾ったのが印象的だったが、北京五輪はいよいよこれから。是非とも日本球界のエースとして見せ場を沢山作って欲しいもの。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »