カテゴリー「□ 西武5000系 -レッドアロー-」の11件の記事

2013年7月18日 (木)

【西武】 「写真で見る西武鉄道100年」が刊行されます

7月19日、ネコ・パブリッシング社から「写真で見る西武鉄道100年」が発売されます。
001


西武鉄道全面協力による、写真中心のグラビアブックで社史に近い扱い。
なお、7月16日~22日は西武鉄道の車内吊り広告にも発売告知を掲出。
2009年の「西武だいすきスマイルブック」に続く、西武鉄道オフィシャルブック扱いになるようで、書店の他、西武鉄道駅売店でも購入出来るようです。
稚拙ながら、私の写真も数点使って頂きました。

西武に纏わる書籍は多々有りますが、西武鉄道が発刊に係わる書籍は珍しく、資料的価値も大きい事から手に取って頂くと良いと思います。
240頁に広がる西武鉄道100年の歴史は、十分に読み応えが有るでしょう。
002

003_2


| | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

【西武】 NRA10000系「レッドアロークラシック」塗装、出来栄えは上々♪

「レッドアロークラシック」カラーに大化けした10000系NRA。チープな仕上がり予想を裏切り、なかなか良く出来ていて感心しました~
西武の「西」をもじった旧社紋も再現できれば良かったのですが難しいですね。
ちょっと頼まれ事も有ったので、運行初日に山岳エリアに撮りに行ってきました。

1000_rac2


なんとなく西鉄の旧特急車にも似たカラー。やはり山岳路線に色が映えます~

1000_rac1

1枚目写真1本前に撮影したNRA。比較しても別次元の車両ですね~
1000_nra

同ポイントで17年前に撮影した5000系レッドアローの画像でも~5000_1994


★「埼玉西武ライオンズ」応援へ『ポチッ』と~m(_ _)m★

| | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

【西武 5000系】 富山地鉄16010形「旧5000系・ レッドアロー」の3連運転終了 (富山地鉄で活躍する元レッドアロー -その1-)

元西武の5000系レッドアローが富山地方鉄道に旅立ったのが1995~1996年。
6連2編成を3連2編成に改造、富山地方鉄道で形式を16010形に改番。
16010

「うなづき」号、「アルペン」号の特急主体に、通勤通学の各駅停車にも充当してきたが、他車との共通運用や特急利用減少で、2005年に先頭車の電装化改造を実施。
以後は2連で運転され、なかなか3連運転が見られなくなったようです。

昨年(2009年)7月、13年ぶりに富山地鉄を撮影した際も、多客期ながら2連のまま。
あまりに間抜けなレッドアローの2連運転に拍子抜け。またいつか3連で撮れれば、と思っていたら、2010年10月9日~16日の期間、1編成のみ3連運転の知らせ。
ところがこれは完全な3連運転終了の意味。16日のミステリー列車を最後に中間車は2両とも引退、完全な2連化となってしまいました。

今回紹介する16010形写真は、全て1996年8月、家族旅行ついでに撮影。
この時が適当な撮影だった為、きちんと3連を撮らねばと昨夏再訪したのに。。。

JR直通「スーパー雷鳥(サンダーバード)立山」と、「特急うなづき」(3連)の交換。
それにしても681系のこの頃、「スーパー雷鳥」が本ネームで(サンダーバード)ってサブネーム付き。
1992年から数年間はムダに長い愛称でした。マルス券印字はどんな凝縮だったのか。。。

JRからの681系乗り入れは1995年開始。681系の卓越した高速性能と富山地鉄の急勾配が噛み合わずトラブル続発。さらに乗務員問題や旅行客激減で1999年に中止。短期間でした。
68116010

立山駅に留置中の681系「SR(TB)立山」と、入線する各停運用の16010形3連。
681160102

特急うなづき号。 雨で、いかにも車の窓越しに撮ったような適当写真。
16010_2

特急アルペン号。 これも、車から降りずに窓越しに適当に撮っていたか。。。
16010_3


幼少の頃から、地元西武線で見ていた5000系レッドアローが懐かしいです。
次に地鉄レッドアローを紹介する際は、昨夏の状況を公開します。


「埼玉西武ライオンズ」「西武鉄道」応援へ『ポチッ』と~m(_ _)m
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

【西武5000系】 イカロス出版から、『西武5000系レッドアロー』も盛込んだ「特急型電車Part2」(昭和40年代)が発売になります

イカロス出版から、2009年12月17日、「特急型電車Part2」(昭和40年代の特急型電車)という、過去の名車両をまとめたプレイバック本が発売になります。(税込2,100円)
本書では今回、昭和40年代を代表する国鉄・私鉄9車種をピックアップ。
国鉄は485・583・381系を、私鉄は小田急3100・京成AE・西武5000・近鉄12000・京阪3000・西鉄2000の各形式を、カラー・モノクロ写真を織り交ぜて紹介しています。
縁が有って西武5000系枠などに関わり、販促を兼ねて一部をご紹介。

Photo_8 Photo_9
Photo_10
1_4 2_4

価格はやや高めですが、資料価値として、また、プレイバック本として懐かしむ方には最適の「昭和40年代」ムックです。
イカロスさんのホームページはこちら。

「西武鉄道」「埼玉西武ライオンズ」「鉄道写真」ブログ村に参加中

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

【西武 イベント】 新101系が主役となった「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」。西武のBトレが大量販売されていました。 (横瀬イベント 会場編)

久々に、西武の鉄道系記事のような。。。
何せ、ライオンズが最後の追い込みに入っていましたから、西武は西武でも、鉄道の方はホッタラカシでしたのでsweat02
悔しくも3日の楽天戦で今年のライオンズは終戦。ホントに残念だったなぁ…

明けて4日。恒例の「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」が開催されました。
開催に伴うE31回送、新101系回送・臨電は、もう一方の記事にまとめて掲載しています。この記事では会場の模様を。
他ブログの方々と似通った写真になりがちなので、若干異なる写真も公開。

絶版となっていたE851や赤電のBトレが再販されていました。
B1

B2


会場の横を、旧塗装271Fが何度も通過して行きました。101_16

1011014000

時間帯によって、トレフェス用ヘッドマークを掲出していた新101系。なんだ、「奥武蔵」のヘッドマークの上からシールで貼り付けていたのか…101_17

どうやら何回か「撮影タイム」があったようで、何も知らずに行ったら「あと3分です」と言われ、慌てて撮影。
Ed10e851e31

右端にチラリと999。この日は999を秩父線に充て込み、利用者にアピール。
4999


毎年、似通った展示内容で新鮮味は有りませんが、これだけの古典電機を揃えるイベントは大したものだなぁ、と思いますね。
Photo

三重単停車のみでイマイチな西武秩父駅の展示には行きませんでした。

なお、当日の展示に伴う回送・臨電関連は別記事にまとめてあります。

good「私鉄・西武」・「埼玉西武ライオンズ」ブログ村に参加中

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

●「保谷7号」踏切 23年間の変遷 【西武池袋線・上り 1985~2008】

「保谷7号」踏切については、過去の記事でも、右のカテゴリーでも紹介しているが、とにかく「上り」撮影では一昔前なら撮りやすく、背景も都心近郊では決して悪くなかった。

01135000

1985年 5000系レッドアロー この頃は架線柱も背景も、とにかくスッキリ

1990年 101系 この頃になると架線柱も近代化 0113101

1992年、6000系登場時(6101F・6102F)は2編成とも池袋線配置。登場直後。01136002

↑の1992年から12年間、保谷7号踏切に行くことは無くなり、再訪した2004年には、立ち位置・障害物・近代化ポール&架線柱・背景の変化など、撮りにくくなっただけではなく、 車両も大幅に変化(当然だが)

2004年、まだまだ新101系が本線優等運用に充当されていた頃0113101442

2005年、9000系改造前&メトロ7000系 背景がややゴチャゴチャして来た01139000 01137000

2006年、07系が東西線に転属開始、慌てて何度も07系を撮っていた頃011307

2007年、メトロ10000系が運用開始、グッドデザイン賞ステッカーの頃0113700010000

2007年、副都心線対応6000系登場、まだ日中は池袋線運用主体だった頃0113s600001136000pasmo

2008年、遂に渋谷行きの走る日が… ちなみに益々撮りにくくなりました…0113s6000climax

good「私 鉄」・「ライオンズ」ブログ村に参加中

   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

1989年 西武「電車1000両突破記念」切符に見る西武内の車両シェア

西武鉄道HPを見ると、2008年4月現在、保有車両は1300両程度との事。

このあたり私は詳しくないので、へぇ~結構多いな、と。

保有車両の何かの記念切符を持ってたよな、と、無造作にしまってある過去の西武記念切符を探すと、「電車1000両突破記念」なる3枚組の記念きっぷが出てきた。

600_1000

600_1000_2

発行は1989年(平成元年)3月23日、赤電の最終期&西武イエロー増殖全盛期。新2000系と4000系がデビュー間もない時期で、2~3枚目が「最新車」の写真。恐らく、この多摩湖線用赤電351系が引退(1990年)した際、西武鉄道は冷房化率100%になったか?

1989年に1000両突破、後の有楽町線直通開始に伴う6000系増備で大幅増~現在の1300両に繋がるわけで、この間、10000系NRA・20000系・6000系・9000系・30000系が登場、必ずしも「西武 = イエロー」と言えなくなった。

気になったので最新の車両シェアを西武HPで調べると、最大シェアが2000系列で約1/3、9000系の顔と含めると約40%。次が6000系で約20%。次は?と調べたら、意外にも101・301系列で約11%、20000系がタッチの差。

今後は、当然30000系が増殖してシェア10%超え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

5000系レッドアロー 西武観光 特急「SKI BUS」号

800_50002 ●ヘッドマークが良く似合う

このヘッドマーク、たまに車両所公開等で展示されていたと思う。

800_50001 ●特急ホームは5000系だよな~

6月25日の記事で「5000系レッドアロー」の3本並びを載せたが、その3本の中央(池袋に進入する編成)が、この特急「SKI BUS」号への充当編成回送。

西武観光が西武鉄道とタイアップ運転した期間限定の臨時特急で、池袋発所沢行き。

詳細な記憶は残っていないが、確か、渋滞する都内を電車(特急SKI BUS号)で移動し、所沢駅から西武観光のスキーバスに乗り換えて貰い、そのまま所沢インターから関越道に入ってスキー場直行のパックツアー客限定列車。但し翌年も運転されたのかは覚えていません。当時、駅のポスターか何かで運転を知った記憶が有る。

これらの写真は、今から24年近く前の1984年12月下旬。朝6時50分過ぎ到着~7時過ぎ発車迄の間に池袋で撮影したもの。冬至の頃で日の出時刻と大差無く、400ネガでも露出に難儀だが、クソガキの私は父から借りた50mmf1.4 Ai-S Nikkorで撮ったらしい。

今時の鉄ちゃんはデジカメ使用、感度設定もコマ単位で可能。開放値f1.4とかピンと来ないと思う。レンズがAi-Sで爪改造とか書いても分からんだろうな、、、

AFもデジカメも無い時代。

当然AF-S・VR(手ぶれ補正)・Gタイプ・EDガラスのレンズなど有りません。ピントも露出も全てにおいてマニュアル撮影。まさに1コマ1コマが一発勝負。

800_5000_skibus_198412 ●Ai-S 80-200mm f4で撮影

そんな時代に育ちながら、今や私もデジ一眼、AF-S・VR・Gタイプレンズ・・・(^^;;;

ピントと露出は大抵マニュアル撮影だが、デジは事前カンニングが出来るから、、、

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

【西武E851電機-2】「さよならE851」引退記念列車 (横瀬 会場展示編)

前回の予告ポスター編に続き、今回は横瀬での展示状況を。

E851yoko6

さよならE851記念列車(1996年5月26・27日運転)は、本運転・試運転ともに所沢-横瀬間往復で運転されたが、横瀬到着後、折り返しまでの時間に管理所が一般公開され、本運転日は各種イベントも行われた。

特筆されるのは、試運転時も西武鉄道の粋な計らいで、横瀬管理所を一定の規制付きながら公開した点。

前年(1995年)の「さよなら5000系レッドアロー」イベントの頃から、西武鉄道は我々ファンに対するイベントや計らいを活発化してきたかな、と思う。

当時のデータが行方不明で、いずれの画像も何日の試運転・本運転での公開スタイルかは判別出来ません(^_^;)

試運転は2~3日実施されたが、平日だった為フル参加は出来ませんでした。

しかしながら沿線は撮影者で大活況。私の行けなかった試運転日の展示スタイルも、掲載4パターンとは別のパターンが有ったかも知れません。

E851yoko2 ●単機 マーク無し (試運転日??)

E851yoko4 ●重連 マーク無し (試運転日)

E851yoko1 ●単機 マーク付き (本運転日)

E851yoko3 ●重連 マーク付き (本運転日)

実に素晴らしい編成美です。これもE851形式の優れたデザインとカラーの賜物。

当時、JRの客車ジョイフルトレインを牽かせて欲しい気持ちも有ったが、こうして時を経て感じるのは、12系のブルーとマッチングが絶妙かつ新鮮。記憶に残る編成美です。

このイベントに否定的な方は一人として聞いた事も無く、絶賛の声が大多数。

E851yoko5 ●一足先に引退した5000系と

企画立案・渉外交渉をされた西武鉄道の方に感謝。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

5000系レッドアローの3本並び

600_5000ra3ike ●5000系全盛期???

多分、1985年12月に撮影したと思います。

いや待てよ? 1984年? 1986年? 忘れた、、、

 

正直、確かな記憶は有りませんが、12月の日の短い朝6時50分頃、池袋駅構内のはずれで5000系レッドアローの3本並びが一部期日に限り不定期に見られました。

右端の5000系は池袋留置編成。

左端は、池袋6時50分発の「ちちぶ1号?」が出発した後姿。走行中です。

中央は、小手指から池袋まで回送されて来た編成だったはず。

ちなみに中央の5000系は7番線への場内信号開通待ち停車中。画像を見ると、ポイントは7番線側に切り替わった直後らしい。

 

こんな暗くてショボい写真でも、本線上で3編成の5000系が並ぶ姿はそうそう見られるものじゃ有りません。無理して記録した記憶だけは残っています。

12月の朝6時台ですから、晴天の空模様で標準50mm@開放f1.4を装着しても、1/125 f1.4かf2.0位が限界だったのではないか?何とか見られる写真なだけマシ。

なせこのようなシーンが、当時、不定期で早朝に見られたのか。また後日。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)