カテゴリー「□ 西武イベント・催事」の88件の記事

2014年7月31日 (木)

【西武】 「赤一色」+「黄戸袋窓」の9103F 武蔵丘→小手指出場試運転 (2014年7月16日)

7月19日のお披露目を前に、7月16日に武蔵丘を出場して小手指へ回送された9103F。
この出場試運転時点では京急カラーラッピング前であり、赤一色塗りの西武9000系を短区間・短時間ながら見る事が出来ました。
91038

側面の戸袋窓は、室内埋め込み仕様で黄色のまま(笑)
奇天烈な西武カラーが見られました。
910310

赤9103F登場2ヶ月前の5月、「9000系9103Fが7月に赤色化」と早い段階で噂を聞き、赤塗装をイメージした画像を作ってみましたが、まんまこの通り(笑)
もっとも、営業運転時にはラッピングされたので、この出で立ちで営業運転に入ることは有りませんでした。
91039

エコマークを残して赤色化は確実視されていたけど、やはり無い方が。。。



| | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

【西武】 20000系20151F「埼玉版 ウーマノミクス」HM・ラッピング編成登場

5月24日、池袋線20000系20151Fに「埼玉版 ウーマノミクス」ラッピング編成が登場。
ピンクのラッピングとヘッドマークで、20000系のラッピングでは過去最も派手かも。
アタックNo1の主人公・鮎原こずえが、女性による経済活性化に向けて働く姿として、編成の各所にワーキングスタイルがイラスト化。
車内広告やつり革などもピンクで、全車両が女性専用車のような様相。

西武ドームに行く前、数カット撮影しました。
Ki6

Ki7

Ki3

Ki2

Ki4

Ki5

Ki1

ライオンズ柄のフルラッピング電車後釜を、早く作ってもらいたいものです。

| | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

【西武・京急】西武カラーをイメージした、「京急イエローハッピートレイン」(1057F)登場

昨年10月の横瀬イベント以来、ブログの存在すら忘れて放置していました。
適度に西武の写真は撮影していますが、放置期間が長すぎたので、今回は話題の「KEIKYU YELLOW HAPPY  TRAIN」(京急イエローハッピートレイン)をご紹介。

4月22日、久里浜に有る京急ファインテックを覗くと、倉の中にこんな車両が。
ちょうどLED表示を弄っており、レア幕表示など10種類以上を見る事が出来ました。
001

4月28日、久里浜工場-金沢文庫間で出場本線試運転。
この時点では、側面ドアは車体同色の黄色のまま。
002

003

004

4月30日13時頃、久里浜工場を覗くと、ちょうどプレス用撮影の為、倉の中から出てきて入換開始。
一昨日、真っ黄色一色だった車体が、ドア部分のみ銀にラッピングされており、この時点で完全に西武2000系・9000系を模したイメージとなりました。(作業は29日に実施)
005

006

一旦、北久里浜方へ引き上げ。
007

この後、プレス撮影。
008

しっかりと、KEIKYUロゴや銘板は京急レッドになっています。
009


そして5月1日、本線運用を開始。67SH運用で三崎口-青砥往復のほか、A快特で赤+黄の12連運用なども早速見られました。
010

011

012

次は、西武イエローの4ドア車が京急レッドを纏う時期を待つのみ。



| | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

【西武】 横瀬イベントに伴う3000系3003Fラストランと、30000系5連線内甲種 (2013.10.6.)

毎年恒例の横瀬イベントに伴う臨時列車が、今年は廃車となる3000系3003F編成によるラストランとなりました。
会場は例年通りである為、この3003Fラストランの写真を。

シックなマークで纏められておりましたが、方向幕は何か小技が欲しかったです。
3003

その後、吾野で上りちちぶと交換。クラシックと交換で、ホームは大賑わい。
30035000

会場から小手指へ向かう途中、もう一度クラシックを撮影。
Nrac

当日は30000系10連甲種が設定されており、今回は初めて5連×2本に分けて新秋津→小手指を2往復。
午前中の1回目は最後尾が中間車妻面を露出。写真は午後の2回目。
263f300001

263300002

E31や101現役時は秩父線方面へ頻繁に撮影に行きましたが、今ではこのような時にしか行くことが無くなりましたね。
東吾野~吾野間の撮影地界隈はバイパスに繋がるトンネルも完成が近く、吾野カーブや鉄橋界隈は交通量が一気に無くなりそうです。



| | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

【西武】 「ライオンズ・クラシック2013」ヘッドマークを取付 (2013年7月26-28日)

2013年7月26-28日の3日間、埼玉西武ライオンズでは「ライオンズクラシック2013」として、西武vsオリックスを1カード設定。
今回は「東京セネタース」という、西武鉄道と縁が深く歴史有る球団ユニを着用。
B800_8173
B20130727

開催に合わせて、3日間限定で20000系20151Fにヘッドマークを取り付けました。
取り付け期間が短く、日中は本線運用に充当したものの、試合開始前に西武球場前到着の野球臨充当~試合終了まで球場待機だった為、目にする機会が少なかったのが残念。
これといった写真も有りませんが、少しばかし撮影できましたのでご紹介。
B20151f3

B20151f5

B20151f2

B20151f7

B20151f6

B20151f8

今年はライオンズ関連ヘッドマークが少なめ。L-trainは地味な運用に就くばかり。
相変わらず西武は、鉄道と球団のコラボ宣伝が噛み合っていないと感じます。
相互直通運転で宣伝効果の強い6000系を2本程度、ライオンズ仕様に仕立て、シーズン中フル稼働とかどうなんでしょうね?
横浜高速はベイスターズラッピングを通年運転して、直通効果によるベイスターズ意識喚起を起こしていますから。。。


| | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

【西武】 「写真で見る西武鉄道100年」が刊行されます

7月19日、ネコ・パブリッシング社から「写真で見る西武鉄道100年」が発売されます。
001


西武鉄道全面協力による、写真中心のグラビアブックで社史に近い扱い。
なお、7月16日~22日は西武鉄道の車内吊り広告にも発売告知を掲出。
2009年の「西武だいすきスマイルブック」に続く、西武鉄道オフィシャルブック扱いになるようで、書店の他、西武鉄道駅売店でも購入出来るようです。
稚拙ながら、私の写真も数点使って頂きました。

西武に纏わる書籍は多々有りますが、西武鉄道が発刊に係わる書籍は珍しく、資料的価値も大きい事から手に取って頂くと良いと思います。
240頁に広がる西武鉄道100年の歴史は、十分に読み応えが有るでしょう。
002

003_2


| | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

【西武】 2013年「西武・電車フェスタ@武蔵丘イベント」 臨電・会場も「西武線まるごときっぷ」でブラブラと~

横浜在住の私。西武ドームへは電車で行く事が多いが、本線西所沢以遠は撮影か家族旅行なので車で向かうのがほとんど。
3月の直通運転開始後、東急から「東急西武線まるごときっぷ」なるお買い得な往復フリーきっぷが発売された事から使用してみました。
最寄りはみなとみらい線日本大通り駅ですが、横浜から発売で不便。。。
B

ちなみに西武線方面からは「西武横浜ベイエリアきっぷ」が有りますね~
こちらはエリア設定柄、みなとみらい線もOKですが。。。
B_2

今年は、みなとみらい線元町・中華街→武蔵丘への直通臨時運転がトピックス。
使用編成が6000系6155F「NACK5 25周年」×「西武鉄道100年」編成。
つまり既存編成で、普段から元町・中華街⇔飯能間を往復している事から目新しさも面白みも全く無し。
既に西武線内撮影は済ませており、今回は地元の東横線内で撮影。
東急で西武の臨電撮影は未曾有ですが、表記は当然「特急 飯能」…
B6155

そのまま西武線直通で飯能へ。飯能から3015F会場行き乗車前に入線撮影。
これも既存編成かつ側面広告が有る事から、わざわざ沿線で撮影する気力なし。
3015f

初めて会場行き臨時に乗りましたが、降車まで15分くらい掛かり、とても乗っていられん。しかも、満員かつ換気不足からか体調を崩したお客様まで発生。
このような事象から撮影会開始が遅れ、結果的に私は撮影会不参加。
B6155f

撮影会は時間が限られ、なおかつ尋常ではない人だかりだった事から、西武6155Fと東急4000の並列展示程度だったのでパス。撮影会前の入換を撮影。
B_3

会場内は例年通りに近い内容。部品等も興味無いので、12時からの立川真司トークショーをチラチラ拝見。
B_4
B_5

西武鉄道のイベントですが、埼玉のFM「NACK5」25周年も目玉。
ブースに立ち寄ると、6155Fの紹介とステッカー配布が有りました。
Bnack5


Bnack5_2

撮影会不参加、会場も軽く流し見程度で、最初の飯能行き臨電で会場を脱出。
フリーきっぷの恩恵を授かるべくチョイチョイ寄り道をし、横浜に戻りました。
この日は4110Fヒカリエも飯能・小手指までやって来ましたね。
東横線ユーザーで西武好きの私には、こちらの方がいいかも(笑)
B_7

撮影会はほぼ逆光ながら、時間が30分と限られている事が殺伐となる原因。
今年のような人手の多さと、真夏日で熱中症の観点からも、もう少し撮影会に関しては工夫が必要と感じます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

【西武】 「Nack5 25周年」×「西武鉄道100年」HM&ラッピングの6155F (武蔵丘直通臨は既存編成)

6月9日(日)の武蔵丘イベントで、元町・中華街→武蔵丘直通で使用される、「Nack5 25周年」×「西武鉄道100年」ヘッドマーク&ラッピングの6155F。

今年は既存編成の直通臨時で、特に目新しさは無し。「飯能」表示か。
元町・中華街から直通で行ける事がトピックスといった感じですね。
もっとも、元町・中華街時点から「特急 武蔵丘」など表示していれば、東横線内で撮ろうかな、という気になるけど。

B6155

B6155_2

B6155_3

B61551

B6155_4

B6155nack1

B6155nack2



| | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

【西武・みなとみらい線】 6000系6152Fに「Lions×BAYSTARS 交流戦」期間限定ラッピング

セ・パ交流戦に合わせ、横浜高速日本大通り駅が最寄りの横浜DeNAベイスターズと、西武球場前駅が最寄りの埼玉西武ライオンズが、直通運転の盛り上げと利便性向上のアピールの為、6000系6152Fに交流戦ラッピングを実施。
ラッピングといってもステッカー程度で、実施号車も3・8号車のみ。

かなり地味で宣伝・販促効果が全く見込めず、この装飾で直通効果や交流戦が盛り上がるとはとても思えない。。。
運用範囲が広く、必ずしも横浜方面では無い事もマイナス。

5月28・29日の西武vs横浜戦@横浜スタジアム開催にあわせて登場。
6月15・16日の西武ドーム同カード開催まで運転されるようです。
正面から撮っても無意味、側面がちにとっても3・8号車。。。
ならば、真横から撮れる鶴見川橋梁でトライ。1回見たら十分。
1000


L-train並みの豪快なラッピングを6000系に施す、というより、6000系の一部を通年でLトレ仕様にすれば効果覿面ですけどね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

【東横線 多摩川駅撮影の10年変遷 -1-】 西武6000系がやって来た2013年

東横線の多摩川駅で、3/16改正後に少しばかし撮影。
10年前の2003年と、6年前の2007年の2度訪れた事が有り、その時の写真と直近の写真を見ると、たかだか10年間ですが色々と変化が見られました。

(2013年3月19日撮影)
西武6000系 10連
800_8880

東京メトロ7000系 10連
800_8912

東京メトロ7000系 8連
800_8934

東急5050系 8連
800_8909

横浜高速Y500 8連
800_8924


東京メトロ10000系 10連
800_8896


東急5050系4000番台 10連
800_8906


東京メトロ9000系
800_8882


埼玉高速2000系
800_8937


東急5080系・都営3000系
800_8886

メトロ7000系・東急5080系・都営3000系
800_8900


通過中の西武6000系「特急 飯能」
800_8944


武蔵小杉駅の発車案内。
西武池袋線方面と都営三田線方面/南北線・埼玉高速方面
800_8952


東武東上線方面と南北線・埼玉高速方面/都営三田線方面
800_8986

武蔵小杉で繰り広げられる、横浜高速・都営・メトロ・西武の4競演
6004



| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧