カテゴリー「● 富山地方鉄道」の1件の記事

2010年10月17日 (日)

【西武 5000系】 富山地鉄16010形「旧5000系・ レッドアロー」の3連運転終了 (富山地鉄で活躍する元レッドアロー -その1-)

元西武の5000系レッドアローが富山地方鉄道に旅立ったのが1995~1996年。
6連2編成を3連2編成に改造、富山地方鉄道で形式を16010形に改番。
16010

「うなづき」号、「アルペン」号の特急主体に、通勤通学の各駅停車にも充当してきたが、他車との共通運用や特急利用減少で、2005年に先頭車の電装化改造を実施。
以後は2連で運転され、なかなか3連運転が見られなくなったようです。

昨年(2009年)7月、13年ぶりに富山地鉄を撮影した際も、多客期ながら2連のまま。
あまりに間抜けなレッドアローの2連運転に拍子抜け。またいつか3連で撮れれば、と思っていたら、2010年10月9日~16日の期間、1編成のみ3連運転の知らせ。
ところがこれは完全な3連運転終了の意味。16日のミステリー列車を最後に中間車は2両とも引退、完全な2連化となってしまいました。

今回紹介する16010形写真は、全て1996年8月、家族旅行ついでに撮影。
この時が適当な撮影だった為、きちんと3連を撮らねばと昨夏再訪したのに。。。

JR直通「スーパー雷鳥(サンダーバード)立山」と、「特急うなづき」(3連)の交換。
それにしても681系のこの頃、「スーパー雷鳥」が本ネームで(サンダーバード)ってサブネーム付き。
1992年から数年間はムダに長い愛称でした。マルス券印字はどんな凝縮だったのか。。。

JRからの681系乗り入れは1995年開始。681系の卓越した高速性能と富山地鉄の急勾配が噛み合わずトラブル続発。さらに乗務員問題や旅行客激減で1999年に中止。短期間でした。
68116010

立山駅に留置中の681系「SR(TB)立山」と、入線する各停運用の16010形3連。
681160102

特急うなづき号。 雨で、いかにも車の窓越しに撮ったような適当写真。
16010_2

特急アルペン号。 これも、車から降りずに窓越しに適当に撮っていたか。。。
16010_3


幼少の頃から、地元西武線で見ていた5000系レッドアローが懐かしいです。
次に地鉄レッドアローを紹介する際は、昨夏の状況を公開します。


「埼玉西武ライオンズ」「西武鉄道」応援へ『ポチッ』と~m(_ _)m
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)